宇都宮ブリッツェンが十八日、県庁記者クラブで記者会見を行い、エースの増田成幸選手が甲状腺の疾患「バセドー病」の治療のため長期欠場することが発表された。

 増田選手は一九八三年十月二十三日生まれの三十三歳。二〇一一年にブリッツェンに加入し、その年から勝利を重ねた。翌年には国内ツアー戦Jプロツアー(JPT)で年間個人ランキング1位を獲得するなど、日本人トップクラスの選手として活躍を見せた。

 その活躍が評価され、一三年には世界最高峰のワールドチーム、キャノンデールプロフェッショナルサイクリング(当時)へ移籍。世界トップレベルの環境で研さんを積んだ。

 一四年にブリッツェンに復帰後も、JPTや国際...    
<記事全文を読む>