大相撲夏場所7日目(20日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が栃飛龍を押し出しで破り、勝ち越しまであと1勝とした。

 三段目の琴福寿野(舟形)は魁禅を突き倒し、通算成績は3勝1敗。

 序二段の高倉山(米沢)は大子錦を寄り切りで下した。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>