ボクシングのダブル世界戦(21日・有明コロシアム)の調印式と記者会見が19日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者で5度目の防衛戦に臨む井上尚弥(大橋)は「順調に来ている。自分のできる限りのボクシングをして、いい形で試合を終わらせたい」と必勝を誓った。

 WBO2位のリカルド・ロドリゲス(米国)の挑戦を受ける井上は、「まずは日曜の試合だけど、その後に大きな舞台で、という話もある。そこを頭に入れて試合をしたい」と、9月にも実現が見込まれる米国挑戦へ、圧倒的な勝利で弾みをつけたい考えだ。

 20、21の両日は村田諒太(帝拳)の世界初挑戦や大橋ジムの先輩、八重樫東の...    
<記事全文を読む>