一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブは19日、ともに元NTT東日本の竹内宏気(24)、大越泉(24)が北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームに加入したと発表した。2人は違法カジノ店での賭博に関与したとして昨年4月に日本バドミントン協会から半年間の出場停止処分を受けていた。

 札幌市内で同日行われた記者会見で2人は「社会人としての自覚が足りなかった」(竹内)と賭博問題への反省を示し、「バドミントンができる環境を幸せに感じて頑張りたい」(大越)と意気込みを語った。

...    
<記事全文を読む>