◇大相撲夏場所<6日目> 横綱、大関陣が安泰。左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は危なげなく平幕大栄翔を浴びせ倒し、4勝目を挙げた。

 横綱白鵬は遠藤を押し出し、横綱日馬富士は碧山を寄り切ってともに6連勝。大関昇進を狙う関脇高安が関脇玉鷲に押し出されて初黒星を喫したため、全勝は横綱2人となった。

 大関陣はかど番の豪栄道が下手投げで小結御嶽海を下し、照ノ富士とともに4勝目を挙げた。

 両横綱を追う1敗は高安と平幕大翔丸、新入幕阿武咲の3人となった。

      ◇ 勝負は一瞬でついた。立ち合い、やや立ち遅れた高安は右からかち上げたが、玉鷲のもろ手突きをまともに食らうと、体が浮き、そのまま押し出...    
<記事全文を読む>