国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(大橋、岩手・黒沢尻工高-拓大出)が21日、東京・有明コロシアムで王座統一戦に臨む。34歳の王者は、3度目の防衛戦に「新鮮な気持ちで向かっていく」と決戦の日を待つ。

 「年齢も年齢。(世界王者の立場は)常にぎりぎりのラインなので、今回も命を懸けて戦いたい」。13日に横浜市の所属ジムであった記者会見で、背水の陣で臨む決意を明かした。

 対戦相手の暫定王者ミラン・メリンド(フィリピン)は37戦35勝(12KO)2敗。八重樫と昨年12月に対戦する予定だったが、メリンドの負傷で辞退。今回の統一戦となった。八重樫は29歳の相手との一戦に「全てに...    
<記事全文を読む>