大相撲夏場所5日目(18日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東2枚目の千代丸に突き落としで敗れ、2勝3敗で黒星先行となった。

 錦木は千代丸の突き、押しをこらえ、引きに乗じて前進。しかし最後に足が出ず、土俵際で左に動いた相手の突き落としを食った。

 6日目は西筆頭の大砂嵐と対戦する。

...    
<記事全文を読む>