全日本スキー連盟は18日、東京都内のイベント会場で、スキー界の発展に貢献した選手や関係者をたたえる表彰式「SNOW AWARD(スノー アワード)」を初めて行い、2016~17年シーズンの最優秀選手賞(MVP)に、ジャンプ女子W杯で2季連続4度目の総合優勝を果たした高梨沙羅(クラレ)が輝いた。

 あでやかな黒のドレスに身を包んだ高梨は「素晴らしい選手たちばかりなので恐縮するが、うれしい」と笑顔。来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に向け、すでに海外を中心にトレーニングを積んでおり、「平昌五輪で金メダルを取るために、練習したい」と語った。

 優秀選手賞は17選手が受賞。このうち北海道関係は...    
<記事全文を読む>