◇大相撲夏場所<5日目> 左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は苦戦しながら平幕千代翔馬を寄り倒し、連敗を免れて3勝目を挙げた。

 横綱白鵬は小結御嶽海を上手投げ、横綱日馬富士は大栄翔を上手出し投げで退け、そろって5連勝。横綱鶴竜は左足首のけがで休場した。

 大関陣はかど番の豪栄道が千代の国を押し出し、照ノ富士は関脇琴奨菊を上手投げで下し、ともに白星先行。大関とりの関脇高安は遠藤を寄り切り、5戦全勝とした。

 勝ちっ放しは白鵬、日馬富士、高安の3人で変わらなかった。

 大関昇進が目前の力士と新三役を目指す力士の差が、はっきりと表れた一番だった。

 相撲巧者の遠藤に対して高安は「突っ張っていこう」と...    
<記事全文を読む>