大相撲夏場所5日目(18日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の大岩戸(鶴岡)が寺尾を寄り切りで下し無傷の3連勝とした。白鷹山(白鷹)は若乃島を押し出し、2勝目を挙げた。三段目の北勝鶴(鶴岡)は北大地を押し出し2勝1敗。

 序二段の高馬山(米沢)は玉信力を寄り切り、連敗を2で止めた。序ノ口の琴佐藤(尾花沢)ははたき込みで上戸に敗れた。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>