国際的自転車レース「第19回ツール・ド・熊野」が6月1日から4日間、和歌山県新宮市や太地町などで開かれる。「UCI(国際自転車競技連合)レース」には海外、国内合わせて19チームが出場する。主催者は「チーム同士の駆け引きや迫力を楽しんでほしい」としている。

 NPO「スポーツ・プロデュース熊野」(角口賀敏理事長)主催のUCI公認アジアツアー。国際レースとしては10回目という。

 UCIレースには、地元の「キナン サイクリングチーム」(アジア8位)や元F1レーサーの片山右京氏の「チーム右京」(アジア3位)など国内13チーム、イランや韓国、スロベニアなど海外6チーム、計114選手が出場する。1チ...    
<記事全文を読む>