第50回東日本学生体操選手権大会が27、28の両日、秋田市の県立体育館で開かれる。昨年のリオデジャネイロ五輪で活躍した世界レベルの選手や本県出身選手ら約260人が出場を予定。華麗で力強い演技を繰り広げる。

 リオ五輪出場選手では、男子団体金メダルの白井健三(日体大3年)や、全日本選手権女子個人総合で連覇中の村上茉愛(同)がメンバー登録している。本県出身選手には男子の佐藤崇太(能代二中―福井・鯖江高―早大3年)、若狭天太(太平中―埼玉栄高―仙台大同)、女子の相原咲笑(さえ、秋田工高―国際武道大1年)らがいる。

...    
<記事全文を読む>