ラグビー・トップリーグ(TL)のヤマハ発動機は17日、磐田市内で今季初のミーティングを行った。清宮克幸監督は今季のテーマに「新ヤマハスタイル」を掲げ、これまで強みとしてきたスクラム以外でも進化を目指す方針を明らかにした。

 ヤマハ発は昨季、リーグ戦14勝1敗で2位。清宮監督は悲願の初優勝に向け、スクラムの強さを重視しつつ、プレーの選択肢を増やす必要性を指摘した。「バックスに(パスを)展開すれば有利になる場面でも、スタイルを優先してスクラムを全部押していた。新しいことに取り組むことでチャンピオンになる」と選手に説明した。

 ミーティングにはスーパーラグビーの日本チーム「サンウルブズ」で活動す...    
<記事全文を読む>