今年9月、兵庫県内各地で開催されるスポーツの祭典「日本スポーツマスターズ2017兵庫大会」実行委員会の第2回総会が16日、神戸市中央区の県公館で開かれた。6月に三木総合防災公園陸上競技場(三木市)で、元Jリーガーの北沢豪さんを招いた大会100日前イベントなど、2017年度の事業計画などが決まった。

 大会は県や日本体育協会などが主催し、競技志向の高いシニア層が集まる。9月15~19日を中心に10市27会場を舞台に開かれ、軟式野球やサッカー、ソフトテニスなど13競技に原則35歳以上、約8千人の参加を見込んでいる。総会には神戸、姫路、明石市など、開催地となる10市の代表者と各競技団体の役員ら...    
<記事全文を読む>