三郷市の三郷市立北中学校(大塚正樹校長)で14日と15日、2年生約170人を対象に、オリンピックで活躍したアスリートを講師に迎える「オリンピック教室」が開かれた。

 教室は日本オリンピック委員会による事業の一環で、2020年東京五輪でギリシャのホストタウンに登録されている三郷市では今回で6回目。オリンピックへの機運や理解を高めようと開催された。

 講師はトリノ冬季五輪でボブスレー2人乗り代表だった長岡千里さん、シドニー大会サッカー代表の酒井友之さん、北京大会競泳代表の宮下純一さんの3人。

 3人はそれぞれ運動の授業と座学の授業を担当。運動では大縄跳びなどを通してチームワークや作戦の大切さを伝...    
<記事全文を読む>