第33回飯塚国際車いすテニス大会(ジャパン・オープン)=九州車いすテニス協会主催、西日本新聞社など共催=が16日、福岡県飯塚市仁保の筑豊ハイツと県営筑豊緑地で開幕した。男子メイン、クアード(四肢まひ)メインなどシングルスの1回戦23試合が行われた。

 2大会ぶりの出場となった男子世界ランキング11位の国枝慎吾選手(千葉)は、藤本佳伸選手(同)から危なげなく2セットを連取。復調を印象づける好発進をした。同9位の真田卓選手(埼玉)もコースを正確に打ち分け、タイ選手を寄せ付けなかった。

 大会は21日までの期間中、15カ国・地域の計95選手が熱戦を展開する。女子同2位の上地結衣選手(兵庫)は18...    
<記事全文を読む>