俵に乗った右足一本で耐えた。土俵際まで追い込まれた稀勢の里が、苦渋の表情で踏ん張る。千代の国は容赦なく弱点に食らい付く。ぐるぐるとテーピングが施された横綱の左腕の下に右を深く差してまわしを引き、半身にして押し込んだ。

 稀勢の里は終始劣勢。勝機は一瞬だった。押し切れないとみた千代の国の引き技に合わせて前へ。倒れ込みながら土俵の外へと一気に押し出した。見届けた八角理事長(元横綱北勝海)が「最後、はたいてくれたからね。だんだん腰が高くなっていった。左からの(強引な)小手投げでしのいだり、とにかく余裕がなかった」と振り返った通り、見ている側をハラハラさせる薄氷の白星だった。

 土俵際について稀勢...    
<記事全文を読む>