10月29日に開催される第3回金沢マラソンの参加申し込みは16日締め切られ、申込者数は前年比1369人増の2万9757人となった。富山マラソンが同日開催となり、申込者の分散も危惧されたが、前年を上回る数字となった。

 金沢マラソンの定員は1万3千人となっており、優先出場者1440人を除く、一般ランナーの申込者2万8317人で抽選が行われる。倍率は2・45倍(昨年2・3倍)で、結果は6月中旬に通知される。

 優先出場者は海外在住ランナーが1191人、宿泊ツアーの参加者が148人、障害者が101人となった。金沢マラソンは県、金沢市、北國新聞社などで構成する組織委員会が主催する。

 先着順で行われ...    
<記事全文を読む>