フェンシング男子エペのW杯は14日、フランス・パリで団体戦を行った。リオデジャネイロ五輪6位の見延和靖(福井・武生商高出身、ネクサス)がメンバーの日本は3位に輝き、同種目団体で初のメダルを獲得した。

 世界ランキング9位の日本は見延のほか、伊藤心(自衛隊体育学校)山田優(同)宇山賢(三菱電機)の4人で挑んだ。

 1回戦で香港、2回戦ベネズエラに快勝した。準々決勝では世界1位の地元フランスと中盤まで競り合いとなり、見延が逆転、だめ押しのポイントを奪って45―37で勝利した。準決勝で韓国に32―34で惜敗。3位決定戦でウクライナに26―22で競り勝ち、銅メダルを手にした。

 悲願のメダル獲得に、...    
<記事全文を読む>