県ラグビー90周年記念第52回IBC杯招待試合は14日、盛岡市のいわぎんスタジアムで3試合が行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCは大学王者の帝京大に8トライを奪われ、0-52で完敗した。釜石SWが無得点に終わるのは、前身の新日鉄釜石を含めて大会初。

 釜石は序盤から自陣で防戦が続き、前半38分にトライ(ゴール)を許して0-7で折り返した。ディフェンスが崩れた後半は立て続けに7トライ(5ゴール)を奪われ、大量失点を喫した。終盤の反撃も阻まれ、ノートライに終わった。

 高校の部は黒沢尻工が秋田工に5-42で敗れ、中学校の部は本県選抜が秋田県選抜に43-17で勝った。【写真=釜石シーウェイブ...    
<記事全文を読む>