【遠軽】サッカーやラグビーができる人工芝のグラウンドを備えた「えんがる球技場」が14日、町内福路2にオープンした。人工芝の競技場としてはオホーツク管内で有数の広さを持つ。記念イベントの「遠軽ラグビー祭」も開かれ、子どもから大人まで、多くの人々が真新しいグラウンドですがすがしい汗を流した。(高橋智也) 同球技場には1万2千平方メートルの人工芝グラウンド2面のほか、準備運動などに使える芝生広場や観覧スペースなども完備。スポーツによる地域活性化を図ろうと、町が約10億7千万円をかけ整備した。

 記念事業のラグビー祭は遠軽ラグビー協会が主催し、小学校低学年から社会人まで年代別に分けた全28試合が...    
<記事全文を読む>