◇大相撲夏場所<初日> 左上腕付近に負傷を抱えながら3場所連続制覇を狙う横綱稀勢の里は小結嘉風にいいところなく押し出され、横綱鶴竜も小結御嶽海の押しに屈した。ほかの2横綱は白鵬が平幕千代の国を、日馬富士は関脇琴奨菊をともに寄り切った。

 2度目の大関とりに挑戦する関脇高安は平幕の大栄翔を危なげなくはたき込んだ。

     ◇ なすすべなく押し出された。稀勢の里は嘉風の強烈な右おっつけに得意の左を差せない。下がった土俵際で苦し紛れの右突き落としも通じず、あっさり土俵を割った。やはり完治していない左腕が黒星を招いた。多難な船出となったが、「悪くない。相手が上回ったから負けたんじゃないか」と淡々と...    
<記事全文を読む>