大相撲夏場所初日(14日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が出羽疾風を突き出しで、大岩戸(鶴岡)は魁盛王をはたき込みで、琴鎌谷(千葉、佐渡ケ嶽親方の長男)は寄り切りで高三郷を下し、今場所白星スタートを切った。

 三段目の琴福寿野(舟形)は羅王をはたき込んだ。序二段の最上錦(大蔵)は平戸海に突き出しで、琴大興(東根)は北勝誉に押し出しで敗れた。

 序ノ口の前田(鶴岡)は北薩摩を突き出しで、琴佐藤(尾花沢)は千代大宝をはたき込みで破り、初日を白星で飾った。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>