【東京支社】国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(あきら)(大橋、北上市出身、黒沢尻工高-拓大)は13日、横浜市の大橋ジムで王座統一戦(21日、東京・有明コロシアム)に向けた練習を公開した。3度目の防衛に向け「一筋縄ではいかない相手。心技体をしっかりつくって試合に臨みたい」と気合を込めた。

 スパーリングは既に打ち上げ、この日はミット打ちやサンドバッグ打ちでフットワークやコンビネーションを確認。ミット打ちでは右ストレートに切れがあり、激しくボディーに打ち込むなど力強さを感じさせた。

 34歳の王者は調整について「けがもなく順調」と語り、「世界戦もたくさんやらせてもらって...    
<記事全文を読む>