大相撲夏場所は14日、東京・両国国技館で初日を迎え、東小結の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は西横綱の鶴竜(モンゴル出身、井筒部屋)に挑戦する。13日は会場で行われた土俵祭りに出席。横綱稀勢の里ら三役以上の力士や日本相撲協会の幹部たちと15日間の無事を祈った。

 御嶽海は9勝6敗だった先場所(3月の春場所)と同等以上の好成績を狙うが、場所前は左手の故障によって実戦的な稽古が不足した。先場所も初日に当たり、惜敗した鶴竜に対してどんな相撲が取れるかは2日目以降の流れに影響する。

 2日目は東前頭3枚目の大栄翔(埼玉県出身、追手風部屋)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>