二〇一九年、県内を会場に「いきいき茨城ゆめ国体(茨城国体)」が開幕する。カヌー・スプリント競技の舞台となる神栖市の神之池を練習場に、今年四月に正式に発足したスプリントチーム「ENDEAVOUR(エンデバー)」のヘッドコーチを務める。チームは今、一九年に高校二、三年になる現在の中学三年~高校一年を中心にメンバーを募集中だ。「地元の国体は、人生に二度とないチャンス。最高の目標に向け、ときめいてくれる仲間に来てほしい」と呼び掛ける。

 競技を始めたのは、中学一年のとき。小学校時代はバレーボールに打ち込んだが「個人種目をやってみたい」と、中学入学と同時にカヌー部に入部した。「身体能力は高くない」...    
<記事全文を読む>