ソフトボールの日本リーグ女子1部は13日、兵庫県尼崎市のベイコム野球場などで4試合があり、シオノギ製薬(同市)はビックカメラ高崎に1-11で敗れた。通算成績は1勝3敗。

 シオノギ製薬は一回、先発池田が満塁本塁打を浴びるなどして5失点。四回にも2番手岩田が満塁弾を喫するなど、計5本塁打を許した。打線は四回に數原(すはら)の右越えソロ本塁打で1点を返すのが精いっぱいだった。

...    
<記事全文を読む>