大相撲夏場所は14日、両国国技館で初日を迎える。13日は国技館で優勝額贈呈式が行われ、初場所の初優勝に続き、新横綱として迎えた春場所で劇的な逆転優勝を果たした稀勢の里に、2枚の優勝額が贈られた。出席した稀勢の里は「本当にありがたい。またいただけるように、しっかりと頑張らなければいけない」と感慨深げに話した。優勝額は国技館の2階席上に飾られ、初日に館内で除幕式が行われる。

 2枚の優勝額の写真は、いずれも堂々と胸を張った立ち姿。稀勢の里は「なるべく正面を向きたかった」とポーズのこだわりを明かした。春場所で痛めた左上腕と胸に不安を残して初日を迎えるが、式を見守ったファンから大きな拍手を受け「...    
<記事全文を読む>