県教育委員会は12日、2018年度採用の公立学校教員選考試験に関する実施要項を発表した。高校におけるスポーツ特別選考では、水泳(水球)、ホッケー、スケートに競技を絞って試験を行うほか、17年度はなかった高校の物理、水産、建築で採用枠を設けるなどした。志願書の受け付けは15日から。

 スポーツ特別選考は本県の競技力向上につなげる狙いから、過去の大会で優れた成績を収めるなどしたアスリートを対象に、15年度採用の試験から実施している。これまでは競技を限定していなかったが、18年度採用については、指導体制の充実が必要な競技として絞り込んだ。

 高校の物理、水産、建築に関しては、退職者の状況を踏まえ...    
<記事全文を読む>