20日にライトフライ級で初の防衛戦を戦う、世界ボクシング機構(WBO)同級王者の田中恒成(畑中、中京院大中京高出)が12日、名古屋市の畑中ジムで練習を公開。シャドー、ミット打ちなど軽めのメニューに汗を流した。

 「相手にパンチをもらわないようにして勝ちたい」と田中。16戦16勝(16KO)、パーフェクトレコードを持ち、同級1位の相手アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)の攻撃力への警戒を強める。特に気を付けたいのが、これまで幾多の敵を沈めてきた左のフック。この日の練習でも左のパンチを警戒する右手のガードと、パンチを当てた後に相手の左に回り込むような動きを繰り返し行うなど、テーマとして掲げる距...    
<記事全文を読む>