東京・両国国技館で14日に初日を迎える大相撲夏場所。幕下勢は白鷹山(高田川部屋)が5場所ぶりの幕下1桁台の西7枚目で迎える。強引な取り口の改善に努め「今回のチャンスをものにできるよう、自分を信じていくだけ」と悲願の十両昇進への思いを語った。

 元幕内の大岩戸(八角部屋)は西34枚目で「一人でも多くの方に『大岩戸、すごいぞ』と思ってもらえるよう頑張りたい」と意気込んだ。2場所ぶりに幕下復帰の琴鎌谷(佐渡ケ嶽部屋)は立ち合いを磨き、東46枚目から浮上を図る。「勝ち越してからが勝負」と大勝ちを狙う。

 三段目勢では西9枚目の琴福寿野(佐渡ケ嶽部屋)が「稽古もできたし、いい状態」と自信を示した。東...    
<記事全文を読む>