2020年の東京パラリンピックに向け、障害者がスポーツに親しめる機会を増やそうと、公益財団法人「兵庫県障害者スポーツ協会」が競技ごとに県内の練習場所などをまとめた「ひょうごの障害者スポーツガイドブック」を作った。協会事務局の県障害者支援課は「これほど地域の情報を細かく集めた冊子は、ほかにないのでは」とPRしている。

 「インターネットなどで調べても、どこで何ができるのか分からない」といった声が寄せられ、作成した。県内で活動する団体に呼び掛け、陸上やサッカー、バレーボールなど競技に分けて掲載している。

 構成にあたっては「『する』『見る』『支える』を意識した」と担当者。体験できる場所や用具代...    
<記事全文を読む>