二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの準備で、東京都の小池百合子知事は十一日午前、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、大会後に撤去する都外の競技会場の仮設整備費について、都が原則として全額負担する意向を伝えた。会談後、記者団の取材に応じた小池知事は「大会成功にもって行こうと、安倍首相と共有した」と述べた。

 都外の仮設費用は計約五百億円とみられ、その分担は最優先の課題だった。都が明確な姿勢を打ち出したことで、三年後に迫った大会準備が前進しそうだ。

 また小池知事は「国にはパラリンピックの経費負担をお願いした」と述べ、パラリンピックの経費の四分の一ずつを国と都、残る二分の一を大会組織委員会が負担す...    
<記事全文を読む>