ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼は10日、神戸市東灘区の神鋼灘浜グラウンドで、2季目を迎えるジム・マッケイヘッドコーチ(HC)の下、14季ぶりの王座奪還を目指すシーズンをスタートさせた。

 練習には、スーパーラグビーに参加している木津武士と山中亮平、研修中の新人、けが人らをのぞく選手約30人が参加した。ミーティングに続き、長距離走やダッシュなどの体力測定に臨んだ。

 昨季は2季連続の4位に終わったが、マッケイHCは「ゼロからのスタートだった1年目と違い、今季は既にベースがある」と自信を見せる。新体制での初日を終え、「フレッシュな気持ち。優勝という大きな夢を持ち、開幕までのプロセスを...    
<記事全文を読む>