日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは10日、沖縄県庁で記者会見を開き、内山藤将氏がゼネラルマネジャー(GM)に就任したことを発表した。5月1日付。前GMの水野裕矢氏は勇退するが、コラソンの社長と日本ハンドボール協会の事業プロデューサーを兼任する。内山GMは「やる以上は歴史に名を残したい。(水野前GM)は大きな目標ではあるが、越えていくことでハンドをさらに世に広げていきたい」と意気込んだ。

 内山GMは当山小、浦西中、興南高、名桜大で選手として活躍し、コラソン設立時から活躍してきた。2016年の引退後は、アシスタントゼネラルマネジャーとして水野氏を支えた。

 コラソンは設立後、成...    
<記事全文を読む>