飛び込みのグランプリ・プエルトリコ大会が5月4~7日、サンフアンで行われ、宮本葉月選手(高知SC=土佐女高)が、西田玲雄選手(大阪水泳学校)と組んだ混合シンクロ3メートル板飛び込みで245・04点をマークし、優勝を果たした。宮本選手は、女子シンクロ3メートル板飛び込みでも三上紗也可選手(米子DC)とのペアで2位に輝いた。個人の3メートル板飛び込みは4位だった。

 国際大会の混合シンクロ3メートル板飛び込みで優勝した宮本選手。「結果にはほっとしている」としながらも、「内容が全然駄目」と反省を口にした。

 「今まで経験したことない」強風が吹き荒れる中での戦いだった。4本目。優勝を争っていた直前...    
<記事全文を読む>