7月9日に北アルプス・乗鞍岳を舞台に開催される自転車レース「第14回乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム2017」の第1回実行委員会が10日、岐阜県高山市丹生川町の市丹生川支所で開かれた。

 今年から全国のヒルクライムが連携する「クライムジャパンシリーズ」にエントリーされたことが報告され、競技時間帯の道路の全面通行止めなど運営面について協議した。

 レースは、殿下平総合交流ターミナル(同市丹生川町)をスタートし、乗鞍スカイライン終点の畳平手前の18・4キロ(標高差1342メートル、平均勾配7・2%)を駆け上がる。

 今年からロードレーサーだけの11クラスとなり、昨年新設されたチャンピオンクラ...    
<記事全文を読む>