ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が10日、京都市で行われ、日本は世界ランキング4位のアイルランド、同5位のスコットランド、欧州予選勝者、欧州・オセアニア・プレーオフの勝者と同じA組に入った。

 いよいよ1次リーグの組分けが決まり、県内ファンの関心は釜石市で開催される対戦カードに移る。1次リーグ全40試合のうち同市が受け持つと見込まれるのは2、3試合。果たしてどの国・地域が新設の釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)で華麗なプレーを見せるのか。会場の収容能力や前回大会の事例から対戦カードを探った。

 ワールドカップ(W杯)の対戦カードの割り振りには、ス...    
<記事全文を読む>