今季、ラグビーのトップチャレンジリーグに参入する釜石シーウェイブスRFCは10日、盛岡市の県庁と盛岡地区合同庁舎でサポーター会員を募集するとともに、14日のIBC杯(盛岡市・いわぎんスタジアム)の応援を呼び掛けた。

 須田康夫主将、許雄(ホウン)、北川勇次の3選手や小原彬広主務が二手に分かれ、IBC杯のチラシを持ち「応援よろしくお願いします」と県職員らに笑顔で話し掛けた。

 2会場で募集した今年は約1時間で54人(県庁33人、盛岡地区合同庁舎21人)が入会し、県庁だけで実施した昨年5月の31人を大きく上回った。

 許雄選手は「勝つことで、応援やサポーターを盛り上げていきたい」と力を込めた。<...    
<記事全文を読む>