4年に1度のラグビーの祭典でアジア初開催となる二〇一九年ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が十日、京都迎賓館で行われ、開催国の日本(世界ランキング11位)はアイルランド(同4位)、スコットランド(同5位)と同じA組に入った。A組の残り2チームは欧州1位、欧州・オセアニアプレーオフ勝者で一八年秋までに決まる予定。

 1次リーグは出場20チームが5チームずつ、A-Dの4組に分かれて戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進む。

 優勝経験のある強豪国との同組が避けられ、初の決勝トーナメント進出へ希望が見えた日本のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は「あとはW杯に向け...    
<記事全文を読む>