第41回大分合同新聞社旗争奪佐伯市地区対抗ナイターソフトボール大会(市、市教委、市体育協会、大分合同新聞社主催、市ソフトボール協会主管)の開会式が7日、同市鶴谷町の濃霞グラウンドであった。A部に12チーム、B部に14チームが出場する。

 昨年度A部と中央大会で優勝した中川区とA部準優勝の弥生井崎が優勝旗、準優勝旗をそれぞれ返還。田中利明市長と小寺隆・市ソフトボール協会長、松田恭典大分合同新聞社印刷部長が「地域の名誉と期待を背負って、野球への情熱と日頃の練習成果を存分に発揮してほしい」とあいさつした。

 石田一・市ソフトボール協会審判長が諸注意。めじまチームの岩崎誠選手(45)が「大会に参加...    
<記事全文を読む>