◆亡き双子弟と約束 東京パラリンピック目指す 亡き弟と誓った夢を追う車いす卓球選手がいる。富士宮市出身で、東海大四年の土井健太郎さん(21)。最近、海外遠征にも精力的に参加し、好成績を収めている。目指すのは二〇二〇年の東京パラリンピック。ともに卓球に励み、二年前に亡くなった双子の弟・康太郎さんとの約束の舞台だ。

 健太郎さんは昨年十二月のコスタリカ大会一般の部と、今年二月のイタリア大会ジュニアの部でともに金メダル。三月のジャパン・オープンでも銅メダルを獲得した。「(康太郎さんが)見守っていてくれる気がします」と穏やかに語る。

 父敏裕さん(53)の勧めで小学六年生のときに康太郎さんと一緒に...    
<記事全文を読む>