世界王者らしからぬ動きだった。予選A組8位に沈み、通過ラインぎりぎりで準決勝に進んだ楢崎智亜(県山岳連盟)は「悪い癖が出てしまった」と淡々と振り返った。

 設定された5課題(コース)の中、4課題で完登したが、試技数を増やして苦しんだ。

 第1、第2課題は一発でクリアしたが、第3課題は4回目の試技でようやく完登。「調子がよかった分、どんどん手を出してしまった。動きの選択を間違えて腕がパンパンになった」。調子のよさがあだとなった。

 昨季、日本人で初めて世界選手権とW杯年間総合のダブル優勝を決めた逸材。一目見ようと、観客の視線も自然と集まった。「応援はうれしいが、プレッシャーも感じた」とも本音を...    
<記事全文を読む>