ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は6日、2017年度の新体制を発表した。2季目を迎えるジム・マッケイヘッドコーチの下、アシスタントコーチにニュージーランド国籍のスコット・ハンセン氏が新たに加わる。昨年死去した平尾誠二氏が長年務めたゼネラルマネジャー(GM)は置かず、チームディレクターにOBの福本正幸氏が就く。

 新主将には、昨季まで5季連続で務めたフランカー橋本大輝に代わり、フランカー前川鐘平が就任。WTB中浜寛造、FB田辺秀樹の退部も発表した。(山本哲志)

...    
<記事全文を読む>