大相撲の夏巡業「大相撲かみのやま温泉場所」(8月11日、上山市の三友エンジニア体育文化センター)のチケット先行販売が6日、上山市の同センターで始まった。大相撲人気の高まりを受け、席番号の指定が可能なチケットを手に入れようと、多くの相撲ファンが列をつくった。

 同市内の各種団体などでつくる実行委員会(実行委員長・伊藤正志上山市商工会長)が主催。最近の大相撲人気を反映し、この日は、販売開始の午前10時までに約400人が並ぶ盛況ぶり。実行委の担当者が声を掛けながら誘導し、前売り券を渡していった。実行委事務局によると6日は392人がチケットを購入。同伴者も含めると約480人が来場したという。

 1...    
<記事全文を読む>