第45回佐賀県中学女子ソフトボール選手権大会(県ソフトボール連盟・佐賀新聞社主催)最終日は5日、鹿島市の鹿島西部中で準決勝と決勝があった。決勝は唐津一が神埼・千代田との接戦を4-3で制し、25年ぶり2度目の優勝を飾った。

 唐津一は準決勝で有明クを11-2で下し、勢いに乗った。決勝は序盤に3点を先取。五回に追いつかれたが、直後に四球出塁を生かして決勝点を奪った。

 閉会式では、県ソフトボール連盟の山田清夫副会長と佐賀新聞社の名古屋竜磨事業部次長が唐津一、神埼・千代田、3位の東脊振、有明クにメダルや賞状を贈った。

 ▽決勝唐津一    120001─4神埼・千代田 010020─3(六回時間切...    
<記事全文を読む>