柔道の全日本ジュニア体重別選手権兵庫県大会(神戸新聞社後援)は5日、姫路市の県立武道館で男女各8階級が行われ、女子は78キロ超級の吉峰芙母絵など夙川高勢が4階級を制した。男子60キロ級は全国高校選抜大会ベスト4の顕徳大晴(神港学園高)が頂点に立った。

 年内に15~20歳になる選手が出場し、各階級の上位は7月9日に県立武道館である近畿ジュニア体重別選手権に出場する。

...    
<記事全文を読む>