ハンドボールの全国中学生選手権の男子で、昨年、広島・甲田中が県勢で初めて優勝した。今年は広島メイプルレッズジュニアが準優勝。躍進が目立つ一方で、高校年代は長らく、全国で勝てない時代が続く。有望選手が相次いで県外に進学するのがその理由。今春も複数の卒業生が、長崎や兵庫、大分などへ活躍の場を移した。

...    
<記事全文を読む>