相撲の第39回OTV杯争奪全沖縄選手権大会は3日、那覇市の那覇港新港ふ頭特設土俵で行い、高校団体決勝で中部農林Aが北部農林Aを2-1で破り、3年ぶりに頂点に立った。同個人決勝は中部農林勢の対決となり、2年の城間瑠正が3年の大谷真惟を制し、頂点に立った。一般個人は山本浩太(沖縄ガス)が山城将吾(ディノス・セシールコミュニケーションズ)を下し、3連覇を果たした。中学団体は美里が2連覇し、同個人は仲里智隆(浦添)が制した。高校団体優勝の中部農林Aは21日に石川県で開催する高校相撲金沢大会に派遣される。◇立ち合い強化し栄冠 高校・城間 昨秋の新人大会3冠以降、波に乗る2年生の城間瑠正(中部農林...    
<記事全文を読む>