バスケットボール男子Bリーグ1部は3日、9試合を行い、東地区4位のレバンガ北海道は北海きたえーるで同地区最下位の仙台と対戦、92―70で圧勝し、通算成績を23勝35敗とした。B1残留プレーオフ参戦が決まっている仙台は10連敗。

 首位の栃木は2位A東京に79―76で競り勝って45勝13敗とし、地区優勝を決めた。中地区の横浜は三遠に敗れて16勝42敗となり、勝率下位4チームによる残留プレーオフ参戦が決まった。

...    
<記事全文を読む>